棟上げ式

風の心地よいうりずんの季節ですね。

湿度の低いこの時期、窓を開けて自然の風をぜひ楽しんでください。

(梅雨に向けて湿度が高くなってきたら、また閉じて下さいね)

 

先日行われた、棟上げ式の様子をご紹介します。

 

棟上げ式は、一般的には、建て方と呼ばれる、構造体を組み上げる最後、

棟木をあげる時に大工さんへの感謝の意と安全祈願を込めて、行われています。

 

住樂では紫微鑾駕(しびらんか)を掲げることもあり、建て方時ではなく、

雨仕舞いが終わり、床を張り終え、2階の階段ができた後以降を目安に行っています。

そのため、住樂での棟上げ式は住樂スタイルの棟上げ式です。

座ってゆんたくでき、また大工さんだけでなく、水道や電気工事等の職人さん、

できるだけ多くの職人さんと接点を持って欲しいというのが理由です。

 

さて、本題に戻りますが、今回はお昼に開催!

職人さんもお昼で作業を切り上げて、駆けつけてくれました。

 

 

 

まずはメインイベントのご紹介。

 

棟梁と、施主様、家を引き継ぐ長男で紫微鑾駕を掲げます。

紫微という北極星の神様が、鑾駕(輿)に乗ってこのお家に降りてきて、

守ってくれますようにという願いを込めて。

お父さんにサポートしてもらいながら、立派に打ち付けていました。

お米、お塩、お神酒も上手に捧げてくれました。

将来お家をしっかりと引き継いでくれることと思います。^^

 

 

家の4隅のお清めも終え、乾杯の挨拶の頂いた後、ご馳走をいただきました。

 

 

伊江牛の牛汁と折りをご用意してくださいました!

牛汁

伊江牛がたっぷりと贅沢に!

初めていただきましたが、柔らかくも弾力があり、美味しかったです。

ごちそうさまでした♪

 

お腹を満たし、しばし歓談タイム。

その後、施主様挨拶、弊社社長、専務による挨拶、

職人さんの自己紹介、住樂スタッフ紹介、そして施主様ご家族紹介。

 

 

あいさつ

 

式のタイミング的に、棟上げ式に参加する職人さんは大工さんと水道屋さん、

電気屋さんということが多いのですが、今回は赤瓦(S型瓦)の屋根を施工した

八幡瓦工場さんさんも。

 

明るいうちに写真が撮れたので、外部も少しご紹介^^

 

道路に面する側から玄関へと向かっていくと、焼杉の外壁から、

赤瓦(S型瓦)の深い軒と白い外壁が出迎えてくれます。

 

 

広ーーいウッドデッキでBBQだったり、のんびりコーヒーを飲んだり、

とても羨ましい空間です。

 

今回は施主様の強いご希望で、広ーいウッドデッキの外壁、玄関部分は

リボスオイルの外部用、タヤエクステリアのホワイトです。

塗装はどうしても剥がれてきてしまうのでメンテナンスが必要となってきます。

 

その点を十分ご理解いただいた上で、採用となりました。

お仕事がお休みの日に、焼杉やリボスオイル塗装されていた施主様なら、

安心してメンテナンスを任せることが出来そうです。

 

(屋根の色が異なる部分は太陽光を設置するための場所。

先日も講習を受けたのですが、太陽光搭載(自家発電)が必須となってきます。

売電単価が年々下がっていき、また買う電気は年々上がっている昨今、

蓄電池も併用し電気の自給自足という方向性に向かっています。)

 

話は逸れましたが、

施主様おすすめのTettoh Coffeeさん()の豆で淹れてくださった

ハンドドリップコーヒーを頂いたり、(とても美味しかったです!)

ほのぼのとした、お昼の棟上げ式でした。

 

 

最後は一本締めで。

 

最後にはお土産まで!一人一人分を包んで準備してくださっていました。

 

お心遣い、本当にありがとうございました。

少し遅くなってしまいましたが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

 

 

 

漆喰工事が始まり、いよいよ仕上げに入っています。

 

こだわりが詰まった造り付けキッチンや、

リーディングヌック(秘密基地、一人分の読書スペース)

中2階?のようなワークスペースなど、

新しい要素も詰まったお家となっています。

 

駐車スペースの関係もあり、今月中旬、完全予約制での見学会を予定しております。

近々お知らせをアップ致しますので、どうぞお楽しみに!

 

 

 

 

 

0

    棟上げ式を行いました!

    お正月も終わり、皆様いかがお過ごしですか?

    事務所の側のキビ畑は一気に刈り取られ、景色が変わりました。

     

    さて先日、浦添市大平の現場で棟上げ式がありましたのでその模様をご紹介します。

     

    川沿いの高低差がある土地だったこともあり、エントランスから石段を上がったところに

    玄関があり1階があります。

    今回のお家のポイントはテラスと内土間スペース!

    内土間が人が集える趣味室になっています。南向きで、テラスとつながる大きな開口部から光を取り込み出入りも出来る、素敵な空間です。

     

    いつものように除災招福を願って、棟木に紫微鑾駕(しびらんか)を掲げます。

    いつもは棟木が吹抜けの高いところにあって、打ち付けるのが危険だったりで、2階の付けやすい位置に付けることが多いのですが、今回は2階からちょうど一番高い棟部分に付けることが出来ました。

     

    知らない方も多いと思うので今一度ご説明します。

    「紫微鑾駕(しびらんか)」とは?

    紫微とは道教の北極星を神格化したもの。鑾駕は御神輿。

    万物を司る紫微大帝が輿に乗って降りてきて、家を守って下さいという意味が込められています。

    米、木炭を昆布で巻いたもの、塩がぶら下げられていて、家に悪いものが寄り付かないように、という意味も込められています。

    奄美地方に古くから伝わる風習で、昔の木造のお家には屋根裏に付いていたり、直接棟木に書いてあったりするようです。

    住樂ではこうした昔ながらの良き伝統も伝えるべく、棟上げ式の際に施主様と棟梁と紫微鑾駕を掲げています。

    裏には住宅名と日付と社名が入っています。

     

    家の四方も御神酒、米、塩でお清めします。こちらが入口のエントランス部分です。

     

    職人さんも揃ったところで棟上げを祝して乾杯!!

     

    今回も美味しいご馳走をたくさんいただきました!

    職人さんに大人気の栄町の美味しいヤギ汁に、お母様手作りのいなむどぅち。

    優しい味わいでとっても美味しかったです♪

    お寿司におしゃれなオードブル、中でも個人的に大好きな壺屋の金壺食堂のちまきが!

    黒米にピーナッツがたっぷり入っていて、すごく美味しいんです。

    予約しないとなかなか買えないのですが、ボリュームもあるのでこれだけでお昼は満足出来るのでおすすめです。

     

    2階のオープンスペースで、横一列に並び、とてもアットホームな雰囲気に。

    そして施主様からとても嬉しいお言葉とご報告もあり、一同歓喜の渦に包まれました。

     

    終始笑顔の絶えないそんな幸せオーラでいっぱいの棟上げ式。

    これからの幸せな生活が末永く続くこと間違いなしですね!

    たくさんのご馳走をご用意してくださった施主様とご家族の皆様には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

    どうもありがとうございました。

    これからタイル工事や漆喰工事や設備取付など、仕上げ工事にかかりますが、最後まで気を抜かずにすすめてまいります。

    来月には完成見学会も予定しておりますので、またお知らせさせていただきますね。

    皆さまどうぞお楽しみに!

    0

      棟上げ式を行いました!

      少しずつ秋めいてきたこの頃。

      夏の疲れも出やすい時期、体調管理気を付けないとですね。

       

      さて先日は糸満市にて棟上げ式が行われました。

      外壁は断熱材の上にちょうど下半分、焼杉が張られたところです。

       

      実はこの焼杉、施主様が毎晩仕事終わりに住樂へ通い、自ら焼いたもの。

      382枚もの杉板を1枚1枚バーナーで焼き上げました!すごい!

       

      棟木に掲げる紫微鑾駕(しびらんか)は、お習字が得意の現場監督が書いています。

      ▲住樂事務所にて

       

       

      この紫微鑾駕を長男、次男君もお父さんと一緒に高い棟木に打ち付けました!

      ▲米、塩、酒でお清め

       

      家の四方もお清めします。自ら焼いた外壁。手をかけた分、家への愛着が増すはずです。

       

      職人さんや親族の方も皆揃ったら御神酒で乾杯!

       

      今回も豪華な折や牛汁などご馳走をたくさんいただきました。デザートのかぼちゃのアンダギーが美味しかったです。

       

      今回のお家も吹抜けが高く、内土間には図書スペースがあったり、

      お風呂など設備にもこだわっており、また新しい雰囲気のお家になりそうです。

       

      実はこちらの施主様、某有名な酒造の跡取り。

       

      宴の席でもご自慢の泡盛をふるまってくださり、職人さん達の顔もゆるんでいました。

      独自の技法で作られた”神泉”。まろやかでまさに神がかった美味しさでした。

       

      そして何とお土産にこんなにいい古酒を、職人さんから我々住樂スタッフ全員に一本ずつくださいました。

      なんという気前の良さ!

      沖縄県知事賞も受賞されたことのある、由緒ある酒造です↓

      http://www.uehara-awamori.jp/

      酒造の方からいただいた古酒。これは大切にして、何か大事なシーンでいただきたいと思います。

       

      たくさんのおもてなし、本当にどうもありがとうございました。

      これで職人さん達も一層気合いが入ったことと思います。

       

      奥様は4人目のお子様がもうすぐ生まれるそう。

      大きいおなかを抱えながら3人のお子さんを連れ、ご主人の焼杉を見守りにいらしてました。

      産後まもなく新居も完成するかと思います。楽しみですね。

       

      上原酒造の明るい未来に乾杯!

       

      0

        棟上げ式@浦添市前田

        いよいよ明日は完成見学会!ちょうど半年ぶり。

        皆様を万全の態勢でお迎え出来るよう急ピッチで準備を進めております。

         

        さて先日、明日見学会を開催させていただく浦添市前田の物件で、棟上げ式が行われました。

        本来は仕上げ前の段階で行うのですが、今回はスケジュールの都合上完成間近の段階での棟上げ式となりました。

         

        まずは紫微鑾駕を棟木に掲げます。といきたいところなのですが、今回吹抜けが約8mとかなり高く、打ち付け、メンテナンスなどのことも考慮して2階の高い梁に掲げることに。

         

        高い窓の調整に高い梁をすいすい渡るスタッフ▼お客様にこれをさせるわけにはいきません。

         

        まずは棟梁が打ち付けます!

        となりの部屋の建具の明かり窓から▼(これから施主様オリジナルの何かが入ります)

         

        今回のS様邸はかわいい娘さんがたくさんいらして、皆で仲良く少しずつ打ち付けました!

         

        お酒、塩、お米で家の四方もお清め。

         

        儀式の後は宴!棟上げを祝って乾杯!(完成間近ではありますが)

        業者さんや職人さんたちもたくさん集まって、乾杯!

        LDKは本当に広い大空間です。

         

        こんなに素敵な折と、手作りぜんざいをご用意くださいました。とっても美味しかったです。

         

        そしてなんと今回、娘さん達と奥様のお母様が余興を披露してくださいました!

        キーボードとウクレレと三線の合奏♪途中お母さんもピアニカで参戦!

        とってもかわいい音色で、家族で合奏だなんてなんて素敵すぎる!皆うっとり♪

         

        そしておばあちゃまは、お祝いの舞を歌いながら舞い踊って下さいました!

        子孫の繁栄を祝う思いが込められていて、これには皆感動。

         

        おなかも心も満たされたところで、携わった業者さん、職人さんを紹介。

        今回ちょうど外構石積みや植栽を担当してくれている金勢造園さんが、

        ちょうど植栽の仕上げに入るとのことで、社長も含め全員参加してくれました!

        ちょうど表のひんぷんの石張りに応戦してくれた業者さんも参加。

        この日はまだ未完成でしたが、こうして素敵なひんぷんを含めた外構が作られていきます。

         

        住樂メンバーも玄関から一人ずつご挨拶。

         

        最後は一本締め!

        たくさんのおもてなし、本当にどうもありがとうございました!

         

        こんな素敵なS様邸!

        完成見学会は6/3(土)、4(日)10時〜18時です!

        お時間ある方はどうぞ足をお運び下さい♪

         

        ※混雑により十分な対応ができない場合もございますが、ご容赦下さい。。

        0

          棟上げ式@豊見城

          沖縄は梅雨真っ盛り。不安定なお天気が続きますね。

          さて先週、豊見城の現場で棟上げ式が行われました!

           

          準備が整ったら、お家の除災招福を願って棟木に紫微鑾駕を掲げます!

          3本の釘を棟梁、家主さん、設計士の3人で一本ずつ打ち付けます。

           

          パパがんばって〜! 子供たちも見守ってくれていました。

           

          棟上げを祝して乾杯!

           

          何と今回、施主様のお母様、お姉様、奥様が、全て手作りのお料理をご用意くださいました!

          中身汁

           

          和え物、ピンチョス、チャンプルー、三枚肉・・・

          天ぷらもさくさくで種類もたくさん

          おにぎりも彩り豊か

          どのお料理も絶妙な塩梅で、とても心がこもっていて、

          なんでこんなに美味しいんだろうと、ついつい食べ過ぎちゃいました。

           

          こんなにたくさんのお料理を作るのは本当に大変なことだったと思います。

          末っ子長男の施主様。しっかりもののお姉さまがたくさんいらして、

          色々準備を手伝ってくださったようです。

          今回はご親族の皆様待ち望んでいた家造りだそうで、

          その思いも十分に伝わってきました。

           

          そして皆の挨拶も終わり、宴もたけなわになったところで、

          この日はちょっとしたサプライズを!

          施主様の娘さんの4才のバースデーを皆でお祝い♪

          完成前のお家での、親戚や職人さんや会社の人たちとのこと、

          大人になっても覚えてくれてるといいですね。

           

          ついでに住樂のメンバー、家具職人のお誕生日も一緒にお祝い♪笑

          住樂の造り付け家具は、彼が作っております。

          いつも丁寧で繊細な仕上げが好評です。

           

          完成までどうぞお楽しみに!

           

           

           

          0

            棟上げ式

            先日予約制の見学会のご案内をしました、首里の高台に建設中のA様邸の

            棟上げ式を行いました!

             

            いつもは2階への階段が出来て、壁下地の石膏ボードを張った

            仕上げ前の時点で棟上げ式を行うのですが、今回は漆喰も塗られ、

            照明も付いて、かなり完成に近い段階での式となりました。

             

            この日はお天気がいまいちでしたが、2階の窓からは町を一望できます!

             

            まず、除災招福を祈願して、棟木に紫微鑾駕(しびらんか)を

            掲げます。

            息子さんもお父さんと一緒にがんばって釘を打ちました!

             

            2階の壁の一部は、先日ご家族で漆喰塗り体験をされました。

            その時の模様▼

             

            家族の思いがつまったオリジナルの壁。素敵ですね。

             

            しびらんかで乾杯

            無事、紫微鑾駕が掲げられました。御神酒で乾杯!

             

            その後は家の四方をお清めして、皆で祝杯です。

             

            7年程前に住樂で建てたOBさんが、お友達とのことで、

            駆けつけて乾杯の挨拶をして下さいました。

             

            熟練の技を持った各業者さん達とも、ご挨拶。

             

            豪華な折に、牛汁。とっても美味しくいただきました。

             

            この牛汁、余ったものは少しアレンジして、翌日事務所で

            お昼に皆でいただいちゃいました♪

             

            こんなに素敵な手土産までいただき、この場を借りてお礼申し上げます。

            いつも現場にも顔を出して差し入れをしてくださる奥様。

            本当にありがとうございました。

             

            そして後日、こんなにうれしいサプライズも!

            娘さんからとっても素敵な手作りメッセージカードをいただきました♡

            とても手が込んでいて、最近お疲れ気味の現場の人にも、

            何よりの癒しになったんじゃないでしょうか。

            ありがとう^^♡

             

            完成までもう少し!

            私たちも負けずにいい仕事、がんばります!

             

            完成見学会も、まだ空きがございます。

            今回は予約制となっておりますが、

            是非ご予約の上、見にいらしてください。

             

            0

              棟上げ式

              先日の上棟吉日の日に、またも南城市にて棟上げ式を行いました!

               

              今回のお宅も、緑と海を存分に味わうことができる、

              絶景隠れ家カフェのような好立地!実際有名な絶景カフェのすぐ近くです。

               

              玄関を入ると二階が見渡せ、奥は小上がりの和室になっていて、

              奥行きと立体感のあるおもしろい空間設計になっています。

               

              小上がりに腰掛けてゆんたくするのにいい高さですね。

               

               

              どの窓をとっても絵になる大自然に囲まれています!赤瓦が美しい!

               

              ▲2階のベランダからは最高のオーシャンビュー!!

               

              いつものように除災招福を祈って、

              紫微鑾駕(しびらんか)を棟木に掲げます。

              横から見ると、宙に浮いてるよう。笑

              家主さんにとっては少しスリリングだったかもしれませんが、

              これもいい記念ではないでしょうか。

               

              紫微鑾駕を掲げた後は家の四方をお清めするのですが、

              家の裏は見事な自然の琉球石灰岩と深い緑です。

               

               

              儀式の後は宴!御神酒で乾杯!

              豪華な折や、大人気ヒージャー汁や牛汁やフルーツなど

              ご馳走をたくさんご用意くださいました。

               

              途中、親戚の方やお知り合いで1階だけでは席が足りず、

              二階までめいいっぱい使い、大繁盛しているお店のような賑やかさでした。

               

              ▼住樂スタッフ

              手土産までご用意くださり、この場を借りて、お礼申し上げます。

              手厚いおもてなし、どうもありがとうございました。

               

              完成は、来月下旬を予定しております。

              スタッフ、職人さん、一丸となって丁寧に仕上げてまいりますので、

              皆様どうぞお楽しみに!

              0

                棟上げ式

                本日は終戦記念日、そして沖縄は今日からお盆。

                ご先祖さまをお迎えして、改めて戦争と平和について考えたい1日ですね。

                 

                さて先日またまた南城市にて、棟上げ式を行いました!

                 

                今回のお宅は、施主様の生まれ育った古いお家の建て替えです。

                貴重な粟石の塀は残しつつ、中は全て一から建て直していきました。

                 

                棟木にかかげる紫微鑾駕は、住樂のお習字有段者の現場監督が

                精神を統一させ筆をとります。今回は改心の出来!とのこと。

                 

                棟木に掲げる前に記念撮影!除災招福を祈願します

                 

                今回のお宅の見どころは、玄関を入ってすぐ目をひく

                立派なチャーギの床柱!沖縄でここまで立派なものは

                入手困難で、本当に貴重なものです。

                これから棟梁が立派な床の間に仕上げてくれることでしょう。

                 

                そしてなんと階段下スペースは、泡盛コレクターの施主様こだわりの酒蔵が!!

                今回の棟上げ式用にご用意くださっていました。

                金箔入りの豪華なものも!
                 

                儀式の後は御神酒で乾杯!

                 

                ヒージャ汁に加えて中身汁。ヒージャが苦手な女子には嬉しい一品。

                 

                さらに手作りのなーんとぅやきゅうりの和え物、どれも美味しかったです。

                たくさんのおもてなし、どうもありがとうございました。

                手土産に高価な古酒を頂いたスタッフも。

                この場を借りて厚くお礼申し上げます。

                 

                次第に部落の友人たちもたくさん集まり、

                当初木造に不安を抱いていた周りの方々も、実際触れてみて

                このお家なら大丈夫と太鼓判を押してくださいました。

                 

                施主様の人望で、人が集う樂しいお家になるんじゃないでしょうか。

                 

                こちらも来月には完成予定ですのでどうぞお樂しみに!

                 

                 

                0

                  棟上げ式

                  いよいよ夏本番!

                  台風1号、沖縄に直撃しなくて本当に良かったですね。

                   

                  さて先日の上棟吉日の日に、南城市にて棟上げ式が行われました。

                   

                  今回のお宅は小高い丘の斜面にあり、敷地も広く、

                  基礎工事は大掛かりなものでした。。

                   

                  石段のアプローチに積んだ琉球石灰岩の量は過去最大!

                  かなりの迫力と趣があります。

                  ここに植栽と照明が入ると、更に貫禄が加わります。

                   

                  土を盛ったおかげで2階の窓からは海が見えました!

                   

                  まずは除災招福を願って、紫微鑾駕(しびらんか)を棟木に掲げます。

                  沖縄、奄美地方の木造家屋ならではの習わしです。

                  棟梁、家主、長男の三人で一本ずつ釘を打ちつけていきます。

                   

                  その後、塩、米、酒でお清めし、

                  同じように家の四方も清め、

                   

                  棟上げを記念して乾杯!

                  写真手前がダイニングスペース、奥は一番座二番座の和室になる予定。

                  和室とダイニングとをつなげて使うと、こんなに大空間!

                   

                  今回も牛汁や豪華な折などご用意くださいました。

                  彩りのきれいなオードブルはなんと手作り!

                  とても美味しかったです。御馳走様でした。

                   

                  大工さん、屋根屋さん、水道屋さん、電気屋さん、造園屋さん...

                  家造りを担う職人さんたちの紹介&ご挨拶

                  これからもいい仕事、お願いします!

                   

                  日が暮れると夜景もきれい!

                  立派な石積みのアプローチで、職人さん達がビールを手に

                  気持ち良さそうに、代行を待っていたのが印象的でした。

                   

                   

                  来月には完成予定ですので、皆様どうぞお楽しみに!

                   

                   

                   

                   

                   

                  0

                    棟上げの夜

                    先日の上棟吉日の日に、少し変わった棟上げ式が行われましたので
                    その様子をお伝えしたいと思います。

                    今回のお宅は施主様の熱い希望で、ハーフビルドという方法で家造りを進めています。
                    ハーフビルドとは、自分で出来るところは自分たちの力でやる、
                    基礎工事やクレーン作業などは建築会社が手配や施工を行う、
                    という住樂でも今までにない家造りのスタイルです。(様々な諸条件はあります)

                    施主のT様夫妻を少し紹介させていただくと、自然栽培でこだわりのお米や小麦、
                    はちみつなどを作る農家さんであり、元はプロの音楽家でもあり、
                    自宅で民泊などもやっている、自然とともに生きる実に多才な一家です。
                    棟上げ式も、自家製の美味しいお料理や、生演奏も披露してくださり、
                    心に残る素敵な一夜となりました。
                    T様夫妻とご家族には、この場を借りて心よりお礼申し上げます。

                    まずいつもの様に、紫微鑾駕(シビランカ)を家の一番高い棟木に打ち付けます。

                    棟梁、家主、長男で一本ずつ釘を打ち、塩、米、酒でお清めします。

                    その後は家の四方も同様にお清めしていきます。雨も止み後光が差す瞬間も!

                    そしてご覧くださいこの外壁、施主様がご夫婦で一枚一枚焼き、自ら張ったものです!
                    大工さんもきれいに張れたねと褒めていました。
                    初めてとは思えないプロ顔負けの出来栄えですね。

                    儀式の後は宴!

                    手作りの古代米のおにぎりや、採れたての野菜たっぷりのアグー汁など、
                    女性にはかなり嬉しい御馳走がたくさん用意されていました。
                    もちろん職人さんの大好きなヒージャー汁やヒージャー刺、海野漁港のマグロなども!


                    御馳走にも感激でしたが、特設ステージによる生演奏もとっても素敵でした。
                    宵闇の風の中、御主人のギターと奥様のサックス、ネパールの笛や三線の音色が、
                    響き渡り、本当にうっとりしてしまいました。

                    自然体でさらりとあれだけの音楽を聴かせられるなんて..
                    やっぱり木造の間仕切りもない空間なので音の響きもいいようです。
                    次第にお仲間も集まり、三線を弾ける人もどんどん巻き込んでいき..
                    終盤は家を建てるために木をたくさん切ってしまったから、
                    とキジムナーに捧げる曲を披露してくれたのですが、
                    息子さんを筆頭に周りを巻き込んでいく踊りがとても楽しくて。頭から離れません。
                    うちのスタッフもこんな感じでキメテいました。笑

                    本当に身も心もおなかいっぱいな夜でした。

                    最後にこんな素敵なお土産までいただきました。
                    自家製のはちみつと古代米ブレンド!これは嬉しすぎます!

                    本当にありがとうございました。

                    T様夫妻は、これから農作業をしながらの仕上げ作業、大変だと思いますが
                    あまり無理せずがんばっていただきたいですね。
                    私たちもこれを励みにできる限りのお力添えが出来れば、と思います。
                     

                    0


                      Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      24252627282930
                      31      
                      << May 2020 >>

                      ■Livos oil

                      リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

                      ▶リボスオイルについて

                      大工さん募集!

                      大工募集
                      ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

                      Profile

                      categories

                      Archives

                      Latest entries

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      sponsor