完成物件のご紹介

またも緊急事態宣言が出てしまいましたね。県内もかなり広がっているようで、予防対策しっかり気をつけないとですね。

 

イベント自粛の流れで、ここのところ完成見学会は公に出来ずにいますが、八重瀬町にてまたもすごいお家が完成したので、代わりにここでたっぷりご紹介させていただきます。

まずは外観!高低差を生かし、地階に車庫と来客や介護用の洋室。その上は本葺きの赤瓦屋根のうちなー家スタイルの造りになっています。

 

久々の冠木門(かぶきもん)の脇には立派な琉球松!造園屋さんが10年かけて育てた傑作の松だそうです。お家の顔として、ぴったりの風情と迫力です。

 

まずは地下からご紹介。カラクリートという赤い塗料を混ぜたコンクリートの床であたたかみがある車庫です。

奥の建具の中には、太陽光システムのパワコンと蓄電池が入っています。その横の扉は、無双戸!

 

中から見るとこんな感じ。施主様のお好きな赤いリボスで仕上げた部分を手動で横にずらすと、風を通すことが出来ます。面白いですね。

 

地下の洋室。壁からアーチ状に繋がる天井!奥の壁は琉球石灰岩の石張り仕上げ!どちらも初の試みの内装仕上げです。どんな風に仕上がるのか楽しみでしたが、大工さん、石屋さんたちの匠の技で、すごく素敵に仕上がっていました。高齢のお父様の介護用にと設計された部屋で、バリアフリーはもちろんですが、お店かギャラリーのようなお洒落感!

奥にはミニキッチンや介護用のトイレとシャワーもあり、ホテルとして泊まりたいです。

 

電動ブラインドも動きがかわいく、こんな素敵な地下室があったらいいですね。

 

地階から1階へ。高い野地板兼用の天井からはお洒落なペンダントライトが下がっています。(ArtworkstudioさんのBarcelona-Pendant)

 

こちらは家事室。なんとドイツ製Mieleの洗濯機と乾燥機。収納もたっぷり、昇降式物干しも2つあり、これは家事が楽しくなりそう。干場のデッキも付いています!

 

造り付けの洗面化粧台。今回水廻りの設備は全てオリジナルでこだわり仕様になっています。広々した人工大理石のオーダーシンクに鏡の収納。造り付けのダストボックスもあり。

 

特にこだわってらしたのが、浴室。埋込式のバスタブで、掃き出し窓からデッキへ出られるという旅館やホテルのようなお風呂です。天井は青森ヒバ。ダウンライトはリモコンで7色に色を替えられ、子ども達も喜びそう!

 

トイレの壁の一部も琉球石灰岩を板状に張って仕上げています。ちょうど石の加工や施工が得意な業者さんとの出会いがあり、素敵に仕上げていただきました。

 

こちらがダイニングキッチン。家具が入ると雰囲気が出ますね。雑誌に出てきそうです。

 

対面式の造り付けキッチン、天板はセラミック。熱や傷などに強く、変色などの汚れにも強いので、長く綺麗に使えるそう。ステンレスよりラグジュアリーな天板です。LouisPoulsenや&traditionalのラグジュアリーな照明ともぴったり!

 

ダイニングの奥は縁側のある和室。縁側のチェアとカフェテーブルがお洒落!寛ぎのひとときを楽しめそうです。奥の障子を開けると・・

 

深い軒の広いデッキが広がり、アシャギと庭の緑を楽しむことができます。

 

和室は黒の糊土仕上げで落ち着いた空間に。床の間は差し色に赤、これも県産素材の漆喰です。素敵な掛け軸が、ぴったりはまっていてかっこいい!

 

洋室から。このデッキで風を感じながらお茶をしたら最高ですね。いいベンチやチェアを置いてもゆったりできる広さ。この立派な柱はチャーギで、軒もかなり深くしています。

 

もう一つ6畳の和室あり。漆喰の開き扉の押入もあり、布団もすっきり収納出来ます。

 

少し段差を付けた、明るいリビング。ソファもかわいいですね。

 

またも住樂史上初の施主様のこだわり設備がこちら。

 

リビングシアター!大きなスクリーンと、アンプやスピーカーを贅沢に配置した大迫力の音響システム。

遮光のハニカムブラインドで、昼間でもリビングが映画館に!素敵なソファで寛ぎながら好きな映画や音楽鑑賞など出来るなんて、羨ましいです〜!

 

これもすごい!建具の明かり窓に、施主様お気に入りの紅型作家さんの紅型と、左側はなんとその紅型の型!アクリル板に挟んで入れています。型まではなかなか入手出来ないものだと思うのでやはりすごいですね。色々なバリエーションがあって綺麗でした。

 

ワークスペース。パソコンの裏は黒板になっていて、引き出し付。壁に飾られているのはTULIPの絵かと思いきや、これも同じ紅型作家さんである”沖縄紅型認定工芸士 金城宏次”さんの作品だそうです。楽しくてお洒落、沖縄には伝統を昇華させてゆく魅力溢れるものや人が多いですね。

 

日が暮れて外構の照明が付くと、また一段と風情が出ます。まるで中村家住宅のよう。

 

県内で最古のシーサーと言われる富盛の石獅子。琉球石灰岩で石獅子を作っている工房(http://www.de-jin.com/)が首里にあるそうです。そこにオーダーして作ってもらったとのこと。住樂の琉球石灰岩の外構石積みにはまっていて、愛らしくお家を守ってくれそうです。

 

事務所にも、コーヒー豆を乗せたかわいい石獅子と、奥さま手作りのお花の飾りをいただいてしまいました。いつも癒されてます。

引き渡し後もショールームのように、度々快く中を案内してくれたり、ギャラリーのように貴重な絵や写真を惜しみなく見せてくれたり、自ら営業してくれたり、本当に感謝しております。どうもありがとうございました。

 

いかがでしたでしょうか。普通のお家より少しハイグレードなお宅でしたが、8年程前からずっと見学会に通ってくださり、プランに長い時間をかけ(どんどん内容が濃くなり)ようやく完成に至りました。

今回初めて私の友人のカメラマンに撮影を依頼し、いつもより高いクオリティの写真でご紹介出来たかと思います。

 

また実際暮らしていく中でどんどん味わいが増し、中村家のように何百年も大切にされる住宅になりますように・・

0

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.09.19 Saturday
      • -
      • 17:10
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
        12345
      6789101112
      13141516171819
      20212223242526
      27282930   
      << September 2020 >>

      ■Livos oil

      リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

      ▶リボスオイルについて

      大工さん募集!

      大工募集
      ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

      Profile

      categories

      Archives

      Latest entries

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      sponsor