木の建築賞 受賞しました!

 

ご報告が遅くなりましたが、

第14回木の建築賞を受賞しました!

 

6月9日の日曜日、授賞式に参加してきました。

当日の朝東京に向かったのですが、なんと那覇空港で突然の停電!

 

飛行機がいつ飛ぶのか分からない、不安な時間を過ごしましたが

1時間半遅れで出発し、無事、開催時刻に間に合いました^^

 

会場は東京大学弥生講堂。

急いで中へ。

 

木の建築賞は、全国を4つの地域に分け、4年ごとにその地域を対象に審査が行われます。

 

今回は中国・四国・九州・沖縄地区のなかで

「いま、求められる木の建築・活動とは」をテーマに

住宅だけでなく木の建築全般、活動を対象としています。

 

第14回ということでしたが、恥ずかしながら、この賞の存在を知らず

今回初めての応募でした。

建築の賞への応募自体初めてだったので、

1次審査の応募資料つくり、2次審査のプレゼンとすべてが手探りで緊張の連続でした。

(ハウスオブザイヤーインエナジーは省エネ性がメイン)

 

 

2次審査の様子

(上:プレゼン・下:討論会)

他の応募者の発表を聞くことができた2次審査はとても刺激的でした。

 

 

三次審査では実際に作品を見て頂きました。

私たちのテーマとしては、常に皆さんにお伝えしている通り、

「沖縄で住み継がれる木造住宅」

経年変化で美しくなる素材、伝統の良さを残しながら、

変わりゆく環境・暮らし方にも対応できることを目指し、

断熱性能・省エネ性も備えた家づくりです。

 

「伝統を 未来へつなぐ うちなー家」と大きなタイトルをつけさせていただきましたが、

伝統を未来へ繋ぐためには、残すところと進化させるところと、

あわせもつ必要があると考えています。

 

また、蒸暑地域の沖縄で木造を設計施工する中で、

台風対策、シロアリ対策、腐朽対策は欠かせません。

試行錯誤を繰り返しながら、進化させてきました。

 

工夫してきた部分を評価して頂いたり、気を付けるべきところをアドバイスを頂いたり、

審査員の皆さんの視点はそれぞれの専門で深く、

とても勉強になりました。

 

何より賞へ応募を快く承諾してくださった施主様には、本当に感謝しております。

改めまして、ありがとうございました。

 

 

会社を始めた当初は、木造住宅の着工率は数パーセント、

職人さんもなく、資材もなく、とても苦労しました。

小さな工務店に流通を応援してくださったメーカの方々、業者さん

一緒にがんばってくれるスタッフ・職人さん、

なによりお客様に恵まれ、今のスタイルで家づくりを続けることができていることに

とても感謝しています。

 

地元に根差した家づくりをコツコツと続けていきますので、

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

応募作品の資料は事務所に置いていますので、

是非お声がけください。

 

0

    スポンサーサイト

    0
      • 2020.05.03 Sunday
      • -
      • 08:59
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
           12
      3456789
      10111213141516
      17181920212223
      24252627282930
      31      
      << May 2020 >>

      ■Livos oil

      リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

      ▶リボスオイルについて

      大工さん募集!

      大工募集
      ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

      Profile

      categories

      Archives

      Latest entries

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      sponsor