棟上げ式を行いました!

お正月も終わり、皆様いかがお過ごしですか?

事務所の側のキビ畑は一気に刈り取られ、景色が変わりました。

 

さて先日、浦添市大平の現場で棟上げ式がありましたのでその模様をご紹介します。

 

川沿いの高低差がある土地だったこともあり、エントランスから石段を上がったところに

玄関があり1階があります。

今回のお家のポイントはテラスと内土間スペース!

内土間が人が集える趣味室になっています。南向きで、テラスとつながる大きな開口部から光を取り込み出入りも出来る、素敵な空間です。

 

いつものように除災招福を願って、棟木に紫微鑾駕(しびらんか)を掲げます。

いつもは棟木が吹抜けの高いところにあって、打ち付けるのが危険だったりで、2階の付けやすい位置に付けることが多いのですが、今回は2階からちょうど一番高い棟部分に付けることが出来ました。

 

知らない方も多いと思うので今一度ご説明します。

「紫微鑾駕(しびらんか)」とは?

紫微とは道教の北極星を神格化したもの。鑾駕は御神輿。

万物を司る紫微大帝が輿に乗って降りてきて、家を守って下さいという意味が込められています。

米、木炭を昆布で巻いたもの、塩がぶら下げられていて、家に悪いものが寄り付かないように、という意味も込められています。

奄美地方に古くから伝わる風習で、昔の木造のお家には屋根裏に付いていたり、直接棟木に書いてあったりするようです。

住樂ではこうした昔ながらの良き伝統も伝えるべく、棟上げ式の際に施主様と棟梁と紫微鑾駕を掲げています。

裏には住宅名と日付と社名が入っています。

 

家の四方も御神酒、米、塩でお清めします。こちらが入口のエントランス部分です。

 

職人さんも揃ったところで棟上げを祝して乾杯!!

 

今回も美味しいご馳走をたくさんいただきました!

職人さんに大人気の栄町の美味しいヤギ汁に、お母様手作りのいなむどぅち。

優しい味わいでとっても美味しかったです♪

お寿司におしゃれなオードブル、中でも個人的に大好きな壺屋の金壺食堂のちまきが!

黒米にピーナッツがたっぷり入っていて、すごく美味しいんです。

予約しないとなかなか買えないのですが、ボリュームもあるのでこれだけでお昼は満足出来るのでおすすめです。

 

2階のオープンスペースで、横一列に並び、とてもアットホームな雰囲気に。

そして施主様からとても嬉しいお言葉とご報告もあり、一同歓喜の渦に包まれました。

 

終始笑顔の絶えないそんな幸せオーラでいっぱいの棟上げ式。

これからの幸せな生活が末永く続くこと間違いなしですね!

たくさんのご馳走をご用意してくださった施主様とご家族の皆様には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

どうもありがとうございました。

これからタイル工事や漆喰工事や設備取付など、仕上げ工事にかかりますが、最後まで気を抜かずにすすめてまいります。

来月には完成見学会も予定しておりますので、またお知らせさせていただきますね。

皆さまどうぞお楽しみに!

0

    スポンサーサイト

    0
      • 2018.08.23 Thursday
      • -
      • 16:03
      • -
      • -
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク


      Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << September 2018 >>

      ■Livos oil

      リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

      ▶リボスオイルについて

      大工さん募集!

      大工募集
      ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

      Profile

      categories

      Archives

      Latest entries

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      sponsor