現場の様子

 

今回は建て方の様子を工事部から紹介したいと思います。

 

 

建て方とは、

土台の敷き込みから柱、梁、棟上げまでの作業工程です。

 

基礎工事が終了したら、土台を設置して、基礎と土台をアンカーボルトで緊結します。

次に一階の柱を立てていき、柱と土台を適宜、ホールダウン金物で緊結しています。

 

 

 

一階部分の土台と柱ができたら、

プレカット材をレッカー車(クレーン)を使って組み立てていきます。

 

プレカット材とは機械加工による高精度の継ぎ手、仕口加工を施した材料で、

現場で使用しやすいサイズや形にすることにより

大幅な工期の短縮、建築費の削減、安定した軸組みが可能になります。

 

 

まず、最初にミーティングをして安全確認と各担当の仕事を確認します。

安全第一!

 

 

棟梁と現場監督が材料の建てる順番を決めて

その指示に従って大工さんたちが組み立てていきます。

 

 

一階の桁、及び二階の床梁の設置作業からスタートします。

 

 

続いて二階の柱、一階の母屋、小屋梁、二階の母屋の順で組み立てていきます。

最後に棟木を据え付けると棟上げとなり、建て方完了です!

 

海が見える景色が最高にきれいですね!

その海をバックに大工さんです!いい表情しています!

 

 

構造材には、宮崎県の飫肥杉を使っています。飫肥杉は樹脂分を多く含んでいる為、

弾力性があり、裂けにくく、折れにくく、衝撃や揺れにも強いという特徴があります。

 

住樂の家づくりでは、柱を多く使い、大きな梁も使っているので

台風を物ともしない頑丈な家になっています。

 

その他にも、写真に写っている太鼓梁や丸柱を使用している点も、

住樂の家づくりの特徴です。

 

もし現場を足を運ばれる機会がございましたら是非とも確認してみてください。

 

職人さんとの記念撮影

 

家主さんも棟上げに立ち会ってくれて記念写真を撮りました。

 

以上工事部からでした。

0

    建て方

    梅雨だというのに快晴の真夏日。

    そんな上棟吉日の本日、南城市の物件の建て方を行いましたので、
    その様子をご紹介したいと思います。

    まず建て方とは、土台の敷き込みから柱、梁、棟上げまでの作業工程です。  
    建物の主要な構造が組み立てられる大切な日!

    具体的には、基礎工事完了後、レッカー(クレーン車)を使い、
    土台の上に家を支える立派な柱を立てていきます。
    華麗に宙に舞う柱! しっかりお家を支えてくださいよ〜。


    立てた柱を梁、桁でつないでいきます。
    高所が苦手な方は絶対に出来ない仕事ですね。



    最後に一番高いところにある棟木を上げると、上棟となり建て方完了です!
    施主様も記念に棟木を打ちました。


    木造建築においては建て方からが大工さんの腕の見せどころ、
    これからも熟練の職人技に注目です!

    構造ができると空間のイメージがわいてきますね。

    作業終了後はブルーシートで雨対策も万全に。

    また立派なお家になりそうです。

    皆さまどうぞお楽しみに!
     
    0

      屋根工事 ■S様邸


      屋根工事の様子をご紹介します。


      ↑野地板を張っているところです。
       野地板は瓦など屋根の仕上げを支えるために取り付ける下地材です。

      琉球住樂では野地板に合板は使用しません。 杉の無垢材を使用しています。

      無垢材は湿気を吸放出するのですが、
      合板は接着材で塗り固めて作っているので透湿性に乏しく、水分を含んでしまうのです。
      そのため、屋根のような湿気の多い場所では、波打ってしまったり、 カビが発生しやすく、
      無垢材よりかなり早く劣化してしまいます。
      耐用性という長い視点で考え、無垢材にこだわっています。



      台風対策が必要な沖縄の気候に考慮した結果、
       サイズ厚さ30mm,巾180mmの野地板に、防水シートを張り、
      外断熱として 硬質ウレタンボード(アルミ被服)25mmを、 
      そしてさらに防水シートを再度施行したのち、屋根材を施行しています。


      ホームページの、外張断熱のページ(★)にも説明がありますのでご覧下さい。




      また、琉球住樂では垂木レス工法で屋根を施行していきます。 
      野地板に厚みをもたせることで、野地板自体が天井兼用となり、 
      垂木の必要がありません。

      いわゆる「天井」がなくなります。 
      その結果、琉球住樂のシンボルでもある、勾配のある高い天井が実現します。 


      天井が高くなることのメリットとしては、空間的な広がりだけでなく、 
      調湿作用を最大限に活かす事は、湿度の安定につながり、
      カビやダニの繁殖もある程度は抑えることができます。
      安定した湿度環境は家の寿命だけでなく、住む人の健康にもつながります。


      これからの完成が楽しみです。
      0

        1

        Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << May 2018 >>

        ■Livos oil

        リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

        ▶リボスオイルについて

        大工さん募集!

        大工募集
        ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

        Profile

        categories

        Archives

        Latest entries

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        sponsor