現場の様子

 

工事部から、現場の様子を紹介します。

 

前回の外構工事からの続きで建物の基礎となるコンクリート打設

までの作業を紹介します。

 

まずは下準備。

整地から始まり、キッチン、トイレ等の設備の事前配管、

アスファルト再生材の敷均し転圧をします。

その後、シロアリ予防薬を散布して、防湿シートを敷き、

墨出し(赤いライン)を行います。

防水シートは地面からの湿気が建物に入り込むのを防ぐためのものです。

 

準備が出来たら出した墨をもとに配筋 (ダブル配筋) を行います。

住樂では割れない強固な基礎を作ること、

犬走りを建物から900弍笋个祁物の土間と一回で打設する等を

シロアリ対策として考えています。

 

底盤のコンクリート厚は200弌これに対してダブル配筋しますので

地盤面からも、仕上げ面からも割れにくいベタ基礎ができることになります。

 

(HPも参考にどうぞ⇒http://10raku.co.jp/concept/images/foundation.html

 

配筋が出来たら打設工事です。

 

底盤部と立ち上がり部を分けて打設を行います。

 

打設したコンクリートの底に空隙の多い構造物の不良部分(ジャンカ)

ができないように、マイコンバイブレーター(コンクリートに振動を与えて

充填を促す機械)をあてます。

その後ろから職人さんがコンクリートの表面を平滑に仕上げる作業をします。

 

次に立ち上がり部の打設作業を行います。

 

コンクリートを枠の中に流し込んだら、

その表面を均してアンカーボルトを差し込みます。

この後レベリング材を流し込んで基礎天端のレベルをそろえます。

 

適切な養生期間のあと

型枠を外したらようやく基礎工事完了となります!

 

暑い中、作業をしている職人さんも熱中症にならないように

こまめに水分補給してますよ!

 

皆さんも現場に来られる際は水分補給をしっかりとして

熱中症にならないように気を付けてください!

 

以上、工事部からのお知らせでした。

 

 

 

0

    現場の様子



    今回は工事部から、現場の様子を紹介したいと思います。

    現場では職人さん暑さに負けずに頑張ってますよ!
    今回は基礎工事の様子を紹介します。

    工事が始まる前の様子です。


    整地するとたくさんの琉球石灰岩が!!!


    出てきた琉球石灰岩は外構の石積みで使います。

    琉球石灰岩は、サンゴや貝殻などが堆積して形成された多孔質な石です。
    ご存知のように、沖縄では昔から石垣や城壁など、様々な場所で
    使われてきました。



    琉球石灰岩の大小無数の孔は、表面温度の上昇を抑えてくれる
    効果があり、コンクリートに比べ熱くなりにくいという特徴があります。

    暑い沖縄にはぴったりの素材ですね。


    お家ができるまでの様子を順次お伝えする予定です。
    お楽しみに!






     

    0

      現場の様子



      皆さん、台風対策はお済みでしょうか?

      現場でも台風対策に追われた一日でした。
      久しぶりに現場の進捗状況をお伝えします。

      木造2階建て現場
      ー棟上式を控えている現場
      台風接近に伴い、養生ネットを取り外した所です。
      外壁作業が終わりに近づき、もう少しで足場がとれます。

      先日棟上式を行った現場。



      ー石膏ボードの状態
      漆喰の塗る前の状態です。
      これから、ミネラル下地材塗布→漆喰と仕上げていきます。


      石膏ボードは石膏を芯材として、両面をボード用原紙で被覆したものです。
      「防火・耐火性」「断熱性」「遮音性」「寸法安定性」
      に優れているのが特長です。

      【 防火・耐火性 】
      芯材の石膏には、約20%の結晶水が含まれています。
      万が一火災が起きた場合には、この結晶水が徐々に蒸発、
      空気中に放出されるので温度上昇、延焼を防ぎ、
      初期消火へとつながります。

      【 断熱性 】
      石膏は熱伝導率が比較的低く、冷暖房効率を高めます。

      【 遮音性 】
        石膏は遮音性が高く、重ね張り、吸音などと合わせると優れた遮音性を発揮。
      マンションや、病院など、プライバシーが必要な所で使われる理由の一つです。

      【 寸法安定性 】
      石膏は、熱や湿気による伸縮が極めて小さいため、
      他の内装材に比べて寸法変化がほとんどありません。



       
      木造2階建て現場
      ーネットを縛り、風で破れないように。
      屋根、外回りの雨仕舞いをチェック。



      台風に強い家となるよう設計施工していますが、
      飛来物や、思わぬ被害がないかなど、
      台風が来る度、電話の前で緊張する一日となります。

      皆様に台風被害がない事をお祈りしております。


      台風後は、暴風によって海からの塩分が付着した状態です。
      家の外壁、窓ガラス、車など、水洗いするのをお忘れなく!



      data

       

       
      0

        いよいよ来週です!


        4月4日(土)、5日(日)完成見学会予定の
        糸満潮崎の現場の様子です。

        クリーニング2
        最終工程のクリーニング作業に入っています!
        梁の上まですみずみ綺麗に仕上げて下さる
        ハウスクリーニングの皆さん、いつもありがとうございます。
        クリーニング


        お披露目に向け、スタッフ一同頑張っています。
        多くの皆様のご来場、心よりお待ちしております!


        見学会当日の、一級設計士との打ち合わせ
        まだ少し空きがございますので、
        希望される皆様はお早めにご連絡ください。


        data




         
        0

          現場の様子【建て方】

          4月9日建築吉日、
          那覇市にて建て方を行いました!

          建て方@那覇市
          今回は規模が大きかったので2日に分けて行いました。
          2日目は雨模様でしたが、無事終えることができました!

          建て方@那覇市
          お子様は家よりクレーン車に興味があるようでしたが、笑
          お子様にも気に入って頂ける家になるよう、頑張って参ります。




          建て方後日、屋根の野地板を貼っているところ。

          以前にも記事にした事がありますが、住樂ではノン垂木(垂木レス)工法です。
          屋根工事については以下の記事をご参照下さい。
          ▶http://10raku.jugem.jp/?eid=36








          data












           
          0

            棟上式を行いました


            先週末はM様邸の棟上式でした!
            棟上式1
            内装が8割方終わったところで、あと1ヶ月ほどで完成です。

            棟上式
            今回も、格好良く設置されました。
            シビランカ


            素敵なプレゼントを頂きました!
            Tupperwareの水筒/お弁当箱とクッキー!
            プレゼント
            御気遣い、本当にありがとうございましたthnx
            ​早速活用させていただきます!


            いよいよ最後の仕上げに入ります。
            無事引き渡し出来るよう、気を引き締めて頑張って参りますので
            よろしくお願いします。


            見学会をお楽しみに!


             
            0

              宮古へ行ってきました

              以前棟上式の様子(★)をご紹介した、宮古の現場。

              あいにくのお天気で、すこし暗い写真となってしまっていますが、
              引き渡し間近の現場の様子をお伝えします!



              以前の棟上式のときは足場で囲われていた外観。
              宮古_外観
              前回の写真とは少し違った角度ですが、
              足場を撤去した後の姿がこちら▼

              外観
              大きな雨端が、宮古の強い日差しを和らげます。
              アプローチ部分の外壁が一部漆喰になり、より明るい印象に!

              漆喰は住樂の漆喰アーティストが10日程出張し、外、内壁を仕上げました。
              住樂の左官職人は、毎回テーマをもって漆喰を塗る、
              アーティストとも言える『プロ』!
              今回は、伝統的に仕上げた和室からリビングにかけて流れをもたせ、
              宮古の自然を表現しているようです。


              家が大きいため、全体写真では柱が太く見えないのですが、
              近くでみるとこのように、立派な丸柱!
              アプローチ


              ▼畳を敷く前の和室
              玄関
              畳で隠れてしまう床ですが、畳がなくても違和感のないくらい、
              綺麗な杉板を使用しています。
              (上から下がっているビニールは照明をカバーしているものです)


              ▼和室から廊下を挟んでリビングダイニング。
              リビングダイニング
              掘りごたつも畳を敷く前の状態です。
              もちろん、掘りごたつ部分はフラットになり、
              大きなテーブルを置く事も可能。

              キッチン台自体は住樂オリジナルではありませんが、
              キッチン台前の収納と壁側の収納はオリジナルの作り付けです。
              キッチン
              写真左の棚の前にある枠に注目を!
              今は枠だけですが、2層になった乳白色のアクリル板をはめ込み、
              目隠しできる収納棚の引戸になります。

              普段は開けっ放しで使いやすく、来客時には、さっと隠せるのが魅力!
              吊り戸なので、床がフラットで掃除にも困りません。


              和室吹き抜け
              少し戻って、和室から天井を撮った写真。

              先ほどの写真では分かりにくいと思うのですが、
              実はこんなに高さのある吹抜けで、開放感のあふれる空間になっています。
              ライトをつけていない状態でこの明るさ!


              ▼棟上式のときに設置したシビランカ
              シビランカ


              完成引き渡しまであと少し。
              無事お渡しできるよう、
              最後まで気を抜かず仕上げていきたいと思います。

              完成後、また紹介したいと思いますので、
              お楽しみに!
              0

                1

                Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
                  12345
                6789101112
                13141516171819
                20212223242526
                2728293031  
                << May 2018 >>

                ■Livos oil

                リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

                ▶リボスオイルについて

                大工さん募集!

                大工募集
                ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

                Profile

                categories

                Archives

                Latest entries

                search this site.

                others

                mobile

                qrcode

                sponsor