棟上式@中城村

子どもたちは夏休み。夏の思い出、たくさん作れるといいですね。

 

先日久しぶりの中城村の現場にて棟上げ式が行われました。

穏やかな集落の上に位置し、これはまた見晴らしも期待できそう。焼杉の外壁と、屋根は防水シートが張り終わり、これから瓦を葺くところです。今回はソーラーパネルも付きます!

 

ここはこれからウッドデッキが張られる部分。

 

その眺めがこちら▲やはり海まで見晴らせました!準備中に通り雨に遭ったのですが、なんと海に虹が架かりました!

写真では伝わりづらいのですが、神秘的で、天からの祝福のような、何かいい事あるような気がしました。こんなことが日常的に見られるのでしょうか。羨ましい!

 

式のメインイベント、紫微鑾駕(しびらんか)を棟木に掲げます。

紫微鑾駕、なかなか知ってる方は少ないかと思いますが、奄美・沖縄地方に古くから伝わるもので、家の除災招福を願って一番高い棟木に掲げます。昔の木造家屋には付いていることも多いようですが、だいたい天井があるので屋根裏に上らないと見えないようです。紫微は道教でいう北極星を神格化したもの、鑾駕は籠のこと。北の空の中心となる一番明るい北極星の神様が籠にのって降りてきてくださいという意味が込められています。

 

下にぶら下がっているのは、塩、炭を昆布で巻いたもの、米。

 

この華麗な字はお習字の得意な現場監督が書いています。お祝いにいただいた後ろの胡蝶蘭、何のお祝いかはまた後日発表させていただきますのでお楽しみに。

 

2階の棟木に施主様、棟梁、現場監督の3人で3本の釘を1本ずつ打ち付けます。

 

塩、米、酒を捧げます。

 

なんと日本酒で有名な新潟の名酒、久保田をご用意してくださいました!

 

職人さんも揃ったところで、お父様の発声で乾杯!

 

今回もご馳走をたくさんいただきました。見た目もきれいな折。女子には嬉しい内容で、完食してしまいました。と大人気の山羊汁(美味しかったです)山羊が苦手な方の為に牛汁も。こういった汁物はなかなかお値段も張るというのに、ありがたいご配慮です。

 

暑い時期にとても嬉しかったのは、手作り冷やしそうめん!

 

一人ずつカップに入れてくださり、みょうがやねぎなど薬味もたくさんあって、涼し気で、とっても美味しかったです。大量のそうめんを少しずつ茹でて冷やしたりするのは、大変だったと思います。平日のお忙しい中のご準備、本当に感謝です。どうもありがとうございました。

 

 

大工さんや水道屋さん、今回はタイミングよく防水屋さんも参加してくださいました。参加者の皆を紹介し、挨拶を終え施主様の親族もご紹介いただきました。

 

美味しそうなお酒も色々ご用意してくださっていたので、もっとゆっくり歓談しつつ飲みたいところですが、中締めでお開きに。

端材と断熱材で即席で作ったテーブルも、皆で一斉にお片付け。人手があると一気に片付きます。

 

これから仕上げ工事に入り、設備の取付や漆喰左官、屋根の瓦工事など、一気に進んでいきます。

最後まで気を抜かず安全第一で進めてまいります。完成が楽しみ、どうぞお楽しみに!

0

    棟上げ式を行いました!

    先日土間の広い規模の大きなお宅をご紹介しましたが、現在会社の近くで進行している、更に大型物件の棟上げ式が行われました。

     

    小高い丘の上にそびえる建物。まるでお城のようです。大きな琉球石灰岩がたくさん積まれています。

     

    外観はクラシカルな寄棟のうちなー家になります。移植したがじゅまるからうぐいすの鳴き声が響いてきて驚きました。

     

    住宅の側の車庫スペース。基礎が出来、これから軸組が組まれていきます。車庫も立派になる予感!

     

    斜面を造成するのも一苦労だったようですが、この傾斜地を利用して奥様の趣味の園芸や畑スペースも作られています。子供たちが公園のように楽しそうに駆け回っていました。

     

    中からの眺めです。周りが緑で、見晴らしもよく静か。なんていい環境でしょう。

     

    中も広く、面白い間取りになっています。迷子になりかけましたw

    今回多くの職人さんが集まるため、ご馳走もたくさんご用意していただきました。

     

    入ってまず目につくのが、2階の手摺が奥様のこだわりで、自然の枝を部分的に入れ込んでいます。

    ポイントになっていてとてもかわいい!きれいに納めるのに苦労したようです。

     

    まずは記念撮影をして、棟木に守り神”紫微鑾駕(しびらんか)”を掲げます。この太鼓張り、棟梁が手刻みで加工したもの。

     

    高い技術を持った職人技です!

     

    建て方時の様子▲ 規模が大きいだけに、建て方も通常の倍の時間を要しました。

     

     

    2階の窓からちょうど瓦が葺かれている様子が見えました。今回、伝統的なうちなー家スタイルを目指し、赤瓦の在来瓦を採用。男瓦と女瓦を漆喰でつないでいくもの。自然素材なので定期的なメンテナンスが必要ですが、瓦と漆喰のコントラストが美しいです。

     

    今回もご馳走をたくさんいただきました。

    山羊汁に中味汁に奥様のお母様手作りのミーバイの汁!!特に山羊汁は大人気ですぐに売り切れてしまいました。

    個人的には山羊より、お母様の白みその魚汁がとっても美味しかったです!

     

    折も素敵で、「春の脳活性化弁当」。春は睡魔に襲われるので、これはありがたいです。

     

    この素晴らしき石積みを得意とする造園屋さんの社長も駆けつけてくれました。緑が入るとがらりと印象が変わるので、楽しみです。

     

    いいビールや島酒もたくさんご用意してくれていました。外はきれいな月が上っていて、うりずんの心地よい、何とも贅沢時間。

    まだ未完成ですが、立地を存分に生かした外構造園が本当に素晴らしいです。

     

    中はこれからタイルや漆喰左官、造り付け家具工事や設備取付など、仕上げに入っていくので、最後まで気を抜かず安全第一で進めてまいります。

     

    折と一緒に、こんなに素敵なお菓子もいただきました。

    最近できた話題の、「ほうき星」さんの黒糖カヌレセット。

    県産のフルーツが多々使われていて、もっちりしてすごく美味しいんです!見た目も味もキュンとなる味わいです。

     

    こんなにたくさんのおもてなし、施主様にはこの場をお借りして心より御礼申し上げます。

    新学期やシーミーなどで忙しい中でのご準備、本当に大変だったと思います。

     

    そして翌日のお昼、そばを買ってきて、余った中味汁で中味そばにして職人さんたちといただきました。

    中味そばは初めてでしたが、風が心地よいのも相まって、とても美味しかったです!

     

    6月中には完成見学会を予定しております。

    またご案内いたしますので、皆さまどうぞお楽しみに♪

    0

      棟上式@嘉手納町

      2月ももう終わり、南部ではちらほら満開の桜を見かけます。

      先週末は嘉手納町の現場の棟上式でした。

      今回もとても魅力的なお家なので、少しご紹介させていただきます。

       

      屋根は赤瓦のS型。外壁は断熱材が張られ、2Fはこれから焼杉が張られるところ。

       

      今回のお家の最大の魅力は何といっても南に流れる深い軒の雨端空間と、内土間空間!

      この立派な柱、いつもは飫肥杉ですが、今回はチャーギ!沖縄では古くからシロアリに強いとされ高級建材として使用されてきました。住樂の家でも普段は床の間の床柱にのみ使われる高級な木材です。宮崎から仕入れ、会社の木工所で磨き独自の風合いを出しています。進化したうちなー家を目指しています。

      南側と東側の外壁の上半分、今青い防水シートが張られた部分は漆喰仕上げになります。

      左が内土間、右が雨端空間です。すごい迫力ある大空間です。

       

      なんと今回この日の為に超豪華なケータリングを手配してくださいました。

      広〜い内土間にホテルのようなお料理がズラリ!

      これだけ並べてもまだまだ余裕がある、なんと内土間だけで約20畳あり、ここまでの広さは過去最大級だそうです。

      キャッチボールやバトミントン、卓球台も3台くらい置けそうな広さです。笑

      明るく各方面に開かれていて、最大サイズの掃き出し窓を開け雨端空間と合わせれば、、ビアガーデンのようなパーティーも大人数で出来ちゃいますね。

       

      リビングダイニング。和室と合わせても、土間の方が少し広いです。合わせるとかなりの大空間。アールの奥は勝手口へと続くホールがあります。

       

      まずは記念撮影をして、家の守り神”紫微鑾駕(しびらんか)”を、施主様、長男、棟梁、設計士、現場監督とともに棟木に掲げました!

       

      御神酒で乾杯!!年頃のお子さんが4人もいらっしゃる、賑やかで明るいご家族です。

      なんと2階には4つの洋室あり!

       

      職人さんや親族の方も揃ったところで、宴の始まりです。

      奥様がこだわって、可愛いお箸や漆風な持ち帰り用の容器までご用意してくれていました。

       

      ホテルのビュッフェのようにわいわいと、ご馳走がずらり!

       

      やはり特別な日はこれ、ヒージャー汁!久しぶりにいただきましたが、とっても美味しかったです。

       

      じゃーん!テーブルにはにぎりや刺身盛まで!なんとゴージャス!!

       

      美味しくて、何とも贅沢気分に。。こんなに豪華な棟上式は初めてかもしれません。

       

      内土間を出た雨端空間も、キャンプ用のテーブルセットを置いてもしっくり。

       

      なんと11人兄弟だという奥様。親族大勢集まってもこれだけの広さがあれば問題なさそうですね。

      わいわい楽しい暮らしが始まること間違いなし!

      こんなに豪華なお料理やおもてなしをご用意くださった施主様には、この場をお借りして心より感謝申し上げたいと思います。

      栄養を満タンにチャージして、職人さんたちも一層気合が入ったことでしょう。

      最後まで安全第一に丁寧に仕上げてまいりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

       

      あと1ヶ月少々で完成予定です。仕上がりがとても楽しみ。

      完成見学会も調整中ですので、決まり次第またお知らせしたいと思います。

       

      うるしのようなかっこいい器でご馳走を(ビールも)お土産に持たせていただき、家族にとても喜ばれました。

      どうもありがとうございました♪

      0

        棟上式@豊見城市

        ようやく秋らしくなってきましたね。体調崩しやすい時期、体調管理にはお気を付け下さい。

        先日豊見城市の現場にて、棟上げ式が行われました。

         今回のお家、いつもと少し違う点にお気づきでしょうか。

         

        屋根瓦は通常赤瓦か、三州のPRIME40という瓦のプレミアムレッドを使っているのですが、今回施主様のご希望でグレイに。

        瓦をちょうど半分葺いたところ。左側(東側)には太陽光パネルも付きます。

        下からだとあまり見えないのですが、いつもと少し違うクールな印象に仕上がることと思います。楽しみですね!

         

        平屋のお家ですが、壁は石膏ボードが張られ、木工事がほぼ完了した段階です。

        太鼓梁が近くて立派に感じました。

         

        家の守り神、紫微鑾駕(しびらんか)を一番高いところに掲げます。裏には施主様と棟梁の名前、日付が記されています。

         

        今回は平屋なので、脚立に上って掲げました。

         

        御神酒で乾杯!

         

        家の四方も米、塩、酒でお清めします。かわいい娘ちゃんも一緒にお清めしました♪

         

        職人さんたちも揃ったところで乾杯をして宴の始まり。

         

        今回もご馳走をたくさんいただきました。揚げ物抜きのヘルシーで上品なオードブル!

         

        なんとビールは樽生!!

         

        この牛汁があっさりしてるのにコクがあって、すごく美味しかったです。

         

        ごちそうをいただきながら、職人さん紹介や住樂スタッフの挨拶などを終えたところで、施主様からのサプライズが!

         

        ずっと音楽をされていた施主様。和室の特設ステージで、ギターとキーボードとカホンでアコースティックな演奏を披露してくださいました♪

         

        一度しか合わせていないというのに、生の歌声と演奏がとても素晴らしくて、皆さまにお聞かせ出来ないのがとても残念です。

        是非音源化していただきたいです。

        木造はやはり音の響きもいい上に、樹脂サッシ、外張り断熱のおかげで、周りへの音漏れも気にしなくて大丈夫そうです!住樂のお家は音楽家やバンドマンにもぴったりです。

         

        数々のおもてなしや素敵な演奏、どうもありがとうございました。

        まさに”Wonderful Tonight”でした♪♪ 

         

        そして余ったビールの樽を抱え、ユニックなのに代行で帰っていった現場監督・・・南部の男は違います。笑

         

        来月には久しぶりの完成見学会を開催させていただく予定です。

        また案内させていただきますので、皆さまどうぞお楽しみに(^_-)-☆

        0

          棟上げ式@うるま市

          沖縄はお盆ですね。皆さま何かと忙しいことと思います。

          こうした伝統行事は大変だけど、大切に受け継いでいかないとですね。

           

          さて先日うるま市の現場にて棟上げ式が行われました!

          屋根の黒い部分は太陽光パネルの下地。外壁は断熱材が張られ、これから焼杉が張られるところです。

           

          今日もご主人がうるま市から事務所に来て焼杉作業をしていました。

          この暑さの中焼杉作業は大変です、、無理せずがんばってください!

           

          現場を少しだけご紹介。

          玄関を入ると2階まで見晴らせる明るい空間です。この柱の奥にセパレートタイプの造り付けのキッチンがきます。

           

          2階からみたLD空間。テーブルさえあれば3〜40人収容できそう。

           

          家族で記念撮影をして、いざ紫微鑾駕を掲げます。

          長男くんもお父さんと一緒に打ち付けました。

           

          わんぱく盛りの次男くん♡木のやさしい肌触りが気持ちいいのでしょう( *´艸`)

          この柱は自然な風合いを出すため、一本一本手作業で磨いているのもこだわりの一つです。

           

          塩、米、御神酒を捧げるのは親子3代で。孫からおじいちゃんへお酒を渡すのが何とも微笑ましく、神様も喜んでいることでしょう。

           

          家の四方もお清めして、

          お父様の発声で乾杯!!

           

          今回もご馳走をたんまりいただきました。

          山羊汁&牛汁!

          素敵なオードブル!

           

          折も豪華で美味しくて。

           

          キッチンのカウンターがくるスペースにはミニバーコーナーまで!!

          家が近ければ飲んだくれたいラインナップ・・( ; ;)

           

          デザートには奥様手作りのマンゴーとヨーグルトのソルベ!

          さっぱりしてるのに濃厚で、すっごく美味しかったです★(思わずおかわり)

           

          そしてなんと!この後お子様たちが余興も披露してくれました!

          お兄ちゃんによる空手の型!

           

          弟くんの鍵盤ハーモニカの演奏♪

           

          早着替えをしたお兄ちゃん、今度はロックダンス♪

           

          なんと多彩な一家でしょう。こんな大勢の前でも全く物怖じせず、一人で堂々とかっこよく披露してくれました。一同感心。

           

          住樂のお家に住んだらきっとこの才能がさらに開花してゆくことでしょう。将来がとても楽しみですね。

          暑い中、色々とご準備大変だったことと思います。

          施主様にはこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

           

          お土産にこんなにかわいいお菓子もいただきました。

           

          完成まで、気を引き締めて丁寧に仕上げてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

          どうもありがとうございました(*´`*)

          0

            棟上げ式@八重瀬町

            日本列島今年は異常なまでの猛暑に襲われていますね。最高気温は沖縄が一番低いようですが、紫外線は強烈なので暑さ対策、しっかりしないとですね。

            そしてまたしても台風・・

            ただ今回は予想では最大風速30mとそんなに巨大なものではないので大丈夫かと思いますが、油断は禁物。皆様用心して下さいね。

            https://www.google.org/publicalerts/alert?aid=485b05bb3086d2fd&hl=ja&gl=JP&source=web

            http://www.metoc.navy.mil/jtwc/products/wp1218.gif

             

             

            さて16日(海の日)は上棟吉日でしたので、八重瀬町の現場にて棟上げ式が行われました!

             

            吉日ということもあって、この日嘉手納町にて地鎮祭も行われておりました。二班に分かれ、地鎮祭と棟上式の準備へ。

            中部の方必見!完成は来年になりますが、またお知らせさせていただきます。

             

            久しぶりの八重瀬町の物件。玄関を入ると和室にリビングダイニング、キッチンは壁付けの対面式です。

             

            まずは家の守り神、紫微鑾駕(しびらんか)を一番高い棟木に掲げるのですが、棟木の下が吹抜けになっていて、足場がない!

            そんな時は即席で梁に板を渡して足場を作ります。さすがは大工さん、身軽で器用な身のこなし。

             

            施主様と大工さん、現場監督の3人で3本の釘を一本ずつ打ち付けました!

             

            この天井兼野地板。住樂のお家の屋根仕様について少しお話しますと、

            まず30mmの杉板(無垢の飫肥杉)の上に防水シートを貼り、

             

            その上に断熱材(硬質ウレタンボード)を貼り(左)、更に防水シートを貼り(右)、

             

            その上に瓦やガルバリウム鋼板を葺いていきます。今回のお家は三州瓦です。

            きちんとした検査機関の防水検査などもクリアしているので、雨漏りの心配はまずありません。

            こうして屋根、外壁をしっかり断熱しているので、少ないエネルギーでも快適になるのです。

            ただ夏場の屋根の上は70℃近くになったりするので、職人さんは大変です。。

             

            少し話はそれましたが、今回もご馳走をたくさんいただきました。

            職人さんに大人気の山羊汁!さらに牛汁も!


            お寿司やピザ、デザートも♪とっても美味しくいただきました。

             

            地鎮祭を終えたメンバーも駆けつけ、皆ご紹介&挨拶。

             

            ちなみにこの日初めて設置されたばかりのキッチンを見た奥様。夢みた〜いと感動されてました( *´艸`)

            完成に近づくにつれ、新たな暮らしへのイメージと期待が膨らんでいることでしょう。

             

            玄関までのアプローチは細く長いスロープ+琉球石灰の石段も。お家は少し高台になっているので、2階は窓を開けると心地いい風が吹き抜けていました。

             

            お忙しい中色々とご馳走をふるまってくださった施主様や親族の皆様には、この場をお借りして厚く御礼申し上げます。

            これから仕上げ工事。安全第一に最後まで手を抜かず進めてまいります。

             

            ただお子さんたちが転校しなければならないとのことなので、夏休み中には何としても引き渡しできるようがんばりたいと思います!どうぞお楽しみに♪

            0

              地鎮祭&棟上げ式

              梅雨だというのに、真夏日が続いてますね。

              外の仕事に関わる人々にとってはとてもありがたいのですが、地球環境のことが少し気がかりです。

               

              さて会社では先週末から地鎮祭と棟上げ式が4つの現場で行われました!(現場はパタパタ大忙し・・)

              日がいい日を選んで行うので、どうしてもイベントが重なってしまうことも。

              少しずつですがご紹介したいと思います!

               

              <地鎮祭> 

              神職さんを呼んで、土地を清めるとともに土地の神様にご挨拶。工事の無事と安全、その後のご家族の繁栄を祈願します。

              初めて見学会に来られてから1年くらい(長い方で数年)かけて、じっくりプランを詰めながら、契約、申請業務や地盤調査などをして、地鎮祭を行いようやく着工となります。

               

              ▼読谷村N様邸

               

              四方祓。敷地の四隅を祓い清めます。

               

               

               

              ▼豊見城市A様邸

               

              電気屋、水道屋さんたちも参加し顔合わせ。

               

              なんと施主さまの従兄弟が豊見城でケーキ屋さんをやっているそうで、お土産に素敵なお菓子をこんなにいただきました!

              この焼きドーナツ、しっとりしていてすごく美味しいのです。ケーキも美味しそうで、今度オーダーしてみようと思います。

              皆様も是非↓ ↓ ↓

               

              ”Pour vous"(プール・ヴー)

              住所:沖縄県豊見城市字上田543-3

              TEL:098-856-8007
              open 10:00〜20:00 close 木曜日

              http://pourvous.ti-da.net/

               

              どうもありがとうございました!!

              これからどんなお家に仕上がるのか、楽しみですね。

               

              末永く幸せに住み継いでいってほしいので、初めのこうした儀式をしっかりやっておくことも大事かと思います。

               

              また着工してからも、設備や照明、造り付け家具の詳細などなど、決めていかなければいけないことがたくさんあって、施主様も何かと大変だと思いますが、どうぞ最後まで家族仲良く、楽しんで選んでいってほしいと思います。

               

               

               

              <棟上げ式>

               

              夕方からは南城市の物件で棟上げ式が行われました。

              外壁は断熱材(両面アルミ被膜硬質ウレタンボード)が張られ、焼杉が途中まで張られているところ。

               

              2階の窓(エクセルシャノン製樹脂サッシ)から、裏の緑がきれいでした。

               

              LDは美しい太鼓梁の吹き抜け空間。

               

              いざ棟木に紫微鑾駕を掲げ、

               

              家の四隅も御神酒、米、塩でお清め。

               

              職人さんたちもご紹介。

              近くに住むご両親やご兄弟もたくさん駆けつけてくださり、お忙しい中数々のおもてなし、どうもありがとうございました。

               

               

              また別の現場でも▼

              多目的スペースがあるお家。

               

              こちらが紫微鑾駕(しびらんか)セットです。酒、塩、米、昆布をご用意いただきます。

               

              棟梁と家主さん、今回は奥様も一緒に打ち付けました。

               

              こちらもLDは開放感溢れる奥行きのある空間です。

               

              何とも豪華な”棟上式祝い御膳” 牛汁はなんと手作り!すごい!

              デザートにこれまた手作りパッションフルーツとシークワサーのゼリーまで。果肉たっぷりの贅沢な作りですごく美味しかったです。

              かわいいメッセージ付きのクッキーに感激!

               

               

              ・・とそんなイベントずくしの一週間でした。

               

              少しずつご紹介させていただきましたが、施主様の家造りへの思いが聞けたり、それを見守る親族の方にも会えたり、たっぷりご馳走やお酒をいただいて、身も心も満たされました。

               

              これで職人さんたちもますますいい仕事をしてくれることと思います。

               

              私たちも最後まで気を抜かず、細部まで丁寧に仕上げていきますので、

              完成まで、またその先もずっと、末永いお付き合いの程どうぞよろしくお願いいたします。

              とってもかわいい娘さんが、棟上げ式のお土産にくれたクッキーがかわいくて美味しくてほっこり( *´艸`)♡

               

               

              ちなみに本日5/18(金)のかふうに2年程前に引き渡した住樂のお家が掲載されております。(お問い合わせのお電話で気づきました)

              丁寧な暮らしぶりがうかがえる、インテリアのセンス溢れる素敵なお宅なので、機会がある方は是非チェックしてみてください!

              0

                慰労会兼棟上式@金武町

                先週末は住樂では初の金武町の現場にて、施主様が棟上式を兼ねた慰労会を開いてくださいました。

                 

                ビーチも近く、裏にはやんばるの山々が広がる海風が心地よい場所。

                今回の施主様、お仕事上電気関係に詳しい方で、今までにない新たな試みが色々盛り込まれているお家です。

                 

                玄関から上がる和室は小上がり。ではなくリビングダイニングが通常より下がっているのです!

                本来ある床下のスペースをなくし、土間とフラットになっています。

                その分吹き抜け空間がより高く感じられました。

                 

                ちょうど漆喰左官工事が入っているところで、半分くらい漆喰が塗られていました。

                寝室は赤瓦を混ぜた漆喰。あたたかみのある雰囲気に。

                 

                梯子ユニットを上がると、2Fは小屋裏収納。

                上から見ると、リビングダイニング、なかなかの広さです。広い土間はサンルームも兼ねています。

                 

                一番高い棟木に紫微鑾駕を掲げるのですが、梁に板を渡して足場を作り、打ち付けました。

                天井に丸く開いている穴はこれからスカイライトチューブが付きます。

                軒が深い分室内は暗くなりがちですが、電気を使わず太陽の明かりを取り込むエコな照明です。

                 

                家の四方も塩、米、酒でお清め。外壁の焼杉(鎧張り)の断面です▲

                触るとまだすすが付くので、大工さんは手や道具を真っ黒にして張ってくれています。

                 

                儀式の後は直会。今回もごちそうをたっぷりいただきました。

                ▼豪華な折に中身汁!

                 

                ▼ワイン好きの施主様。とっても美味しい南アフリカのスパークリングワインや、ノンアルのワインも!!

                 

                ローストビーフやお寿司やオードブルも、お洒落で豪華でとっても美味しかったです。

                 

                そしてなんとサプライズで、施主様のお知り合いのプロのハワイアンのミュージシャンの方の演奏が!!

                ”Lala Ka Pua”さん。ホテルなんかでも演奏される人気のユニット。

                本当に心地よいリズムとハーモニーが、吹き抜け空間に美しく響き渡り、リゾートにきたようなうっとり時間でした。

                やはり木造は音の響きもよく、木も気持ちよさそうでした。

                 

                その後、施主様のお友達が三線も披露してくださったり、

                楽しい会で、ずっといたくなるような心地よいお家でした。

                 

                さらにこんなに素敵なお土産まで▼

                コーヒーと古酒ケーキとかわいいお手紙付き♡

                とっても美味しくいただきました!

                 

                いいお酒にご馳走に音楽。素敵な時間、本当にありがとうございました。

                これから仕上げ工事。外壁にタイル張りなど、どんな仕上がりになるのか、色々楽しみです。

                 

                今週末(4/21)は糸満市にて完成見学会。お陰様で予約がほぼ埋まってしまいました。

                 

                その模様もまたご紹介しますのでどうぞお楽しみに♪

                0

                  棟上げ式

                  風の心地よいうりずんの季節ですね。

                  湿度の低いこの時期、窓を開けて自然の風をぜひ楽しんでください。

                  (梅雨に向けて湿度が高くなってきたら、また閉じて下さいね)

                   

                  先日行われた、棟上げ式の様子をご紹介します。

                   

                  棟上げ式は、一般的には、建て方と呼ばれる、構造体を組み上げる最後、

                  棟木をあげる時に大工さんへの感謝の意と安全祈願を込めて、行われています。

                   

                  住樂では紫微鑾駕(しびらんか)を掲げることもあり、建て方時ではなく、

                  雨仕舞いが終わり、床を張り終え、2階の階段ができた後以降を目安に行っています。

                  そのため、住樂での棟上げ式は住樂スタイルの棟上げ式です。

                  座ってゆんたくでき、また大工さんだけでなく、水道や電気工事等の職人さん、

                  できるだけ多くの職人さんと接点を持って欲しいというのが理由です。

                   

                  さて、本題に戻りますが、今回はお昼に開催!

                  職人さんもお昼で作業を切り上げて、駆けつけてくれました。

                   

                   

                   

                  まずはメインイベントのご紹介。

                   

                  棟梁と、施主様、家を引き継ぐ長男で紫微鑾駕を掲げます。

                  紫微という北極星の神様が、鑾駕(輿)に乗ってこのお家に降りてきて、

                  守ってくれますようにという願いを込めて。

                  お父さんにサポートしてもらいながら、立派に打ち付けていました。

                  お米、お塩、お神酒も上手に捧げてくれました。

                  将来お家をしっかりと引き継いでくれることと思います。^^

                   

                   

                  家の4隅のお清めも終え、乾杯の挨拶の頂いた後、ご馳走をいただきました。

                   

                   

                  伊江牛の牛汁と折りをご用意してくださいました!

                  牛汁

                  伊江牛がたっぷりと贅沢に!

                  初めていただきましたが、柔らかくも弾力があり、美味しかったです。

                  ごちそうさまでした♪

                   

                  お腹を満たし、しばし歓談タイム。

                  その後、施主様挨拶、弊社社長、専務による挨拶、

                  職人さんの自己紹介、住樂スタッフ紹介、そして施主様ご家族紹介。

                   

                   

                  あいさつ

                   

                  式のタイミング的に、棟上げ式に参加する職人さんは大工さんと水道屋さん、

                  電気屋さんということが多いのですが、今回は赤瓦(S型瓦)の屋根を施工した

                  八幡瓦工場さんさんも。

                   

                  明るいうちに写真が撮れたので、外部も少しご紹介^^

                   

                  道路に面する側から玄関へと向かっていくと、焼杉の外壁から、

                  赤瓦(S型瓦)の深い軒と白い外壁が出迎えてくれます。

                   

                   

                  広ーーいウッドデッキでBBQだったり、のんびりコーヒーを飲んだり、

                  とても羨ましい空間です。

                   

                  今回は施主様の強いご希望で、広ーいウッドデッキの外壁、玄関部分は

                  リボスオイルの外部用、タヤエクステリアのホワイトです。

                  塗装はどうしても剥がれてきてしまうのでメンテナンスが必要となってきます。

                   

                  その点を十分ご理解いただいた上で、採用となりました。

                  お仕事がお休みの日に、焼杉やリボスオイル塗装されていた施主様なら、

                  安心してメンテナンスを任せることが出来そうです。

                   

                  (屋根の色が異なる部分は太陽光を設置するための場所。

                  先日も講習を受けたのですが、太陽光搭載(自家発電)が必須となってきます。

                  売電単価が年々下がっていき、また買う電気は年々上がっている昨今、

                  蓄電池も併用し電気の自給自足という方向性に向かっています。)

                   

                  話は逸れましたが、

                  施主様おすすめのTettoh Coffeeさん()の豆で淹れてくださった

                  ハンドドリップコーヒーを頂いたり、(とても美味しかったです!)

                  ほのぼのとした、お昼の棟上げ式でした。

                   

                   

                  最後は一本締めで。

                   

                  最後にはお土産まで!一人一人分を包んで準備してくださっていました。

                   

                  お心遣い、本当にありがとうございました。

                  少し遅くなってしまいましたが、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

                   

                   

                   

                  漆喰工事が始まり、いよいよ仕上げに入っています。

                   

                  こだわりが詰まった造り付けキッチンや、

                  リーディングヌック(秘密基地、一人分の読書スペース)

                  中2階?のようなワークスペースなど、

                  新しい要素も詰まったお家となっています。

                   

                  駐車スペースの関係もあり、今月中旬、完全予約制での見学会を予定しております。

                  近々お知らせをアップ致しますので、どうぞお楽しみに!

                   

                   

                   

                   

                   

                  0

                    棟上げ式を行いました!

                    お正月も終わり、皆様いかがお過ごしですか?

                    事務所の側のキビ畑は一気に刈り取られ、景色が変わりました。

                     

                    さて先日、浦添市大平の現場で棟上げ式がありましたのでその模様をご紹介します。

                     

                    川沿いの高低差がある土地だったこともあり、エントランスから石段を上がったところに

                    玄関があり1階があります。

                    今回のお家のポイントはテラスと内土間スペース!

                    内土間が人が集える趣味室になっています。南向きで、テラスとつながる大きな開口部から光を取り込み出入りも出来る、素敵な空間です。

                     

                    いつものように除災招福を願って、棟木に紫微鑾駕(しびらんか)を掲げます。

                    いつもは棟木が吹抜けの高いところにあって、打ち付けるのが危険だったりで、2階の付けやすい位置に付けることが多いのですが、今回は2階からちょうど一番高い棟部分に付けることが出来ました。

                     

                    知らない方も多いと思うので今一度ご説明します。

                    「紫微鑾駕(しびらんか)」とは?

                    紫微とは道教の北極星を神格化したもの。鑾駕は御神輿。

                    万物を司る紫微大帝が輿に乗って降りてきて、家を守って下さいという意味が込められています。

                    米、木炭を昆布で巻いたもの、塩がぶら下げられていて、家に悪いものが寄り付かないように、という意味も込められています。

                    奄美地方に古くから伝わる風習で、昔の木造のお家には屋根裏に付いていたり、直接棟木に書いてあったりするようです。

                    住樂ではこうした昔ながらの良き伝統も伝えるべく、棟上げ式の際に施主様と棟梁と紫微鑾駕を掲げています。

                    裏には住宅名と日付と社名が入っています。

                     

                    家の四方も御神酒、米、塩でお清めします。こちらが入口のエントランス部分です。

                     

                    職人さんも揃ったところで棟上げを祝して乾杯!!

                     

                    今回も美味しいご馳走をたくさんいただきました!

                    職人さんに大人気の栄町の美味しいヤギ汁に、お母様手作りのいなむどぅち。

                    優しい味わいでとっても美味しかったです♪

                    お寿司におしゃれなオードブル、中でも個人的に大好きな壺屋の金壺食堂のちまきが!

                    黒米にピーナッツがたっぷり入っていて、すごく美味しいんです。

                    予約しないとなかなか買えないのですが、ボリュームもあるのでこれだけでお昼は満足出来るのでおすすめです。

                     

                    2階のオープンスペースで、横一列に並び、とてもアットホームな雰囲気に。

                    そして施主様からとても嬉しいお言葉とご報告もあり、一同歓喜の渦に包まれました。

                     

                    終始笑顔の絶えないそんな幸せオーラでいっぱいの棟上げ式。

                    これからの幸せな生活が末永く続くこと間違いなしですね!

                    たくさんのご馳走をご用意してくださった施主様とご家族の皆様には、この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

                    どうもありがとうございました。

                    これからタイル工事や漆喰工事や設備取付など、仕上げ工事にかかりますが、最後まで気を抜かずにすすめてまいります。

                    来月には完成見学会も予定しておりますので、またお知らせさせていただきますね。

                    皆さまどうぞお楽しみに!

                    0


                      Sun Mon Tue Wed Thr Fri Sat
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      ■Livos oil

                      リボスオイル販売取次店 リボスオイルアメロス

                      ▶リボスオイルについて

                      大工さん募集!

                      大工募集
                      ▲クリック!多忙につき大工さんを募集しております。お問い合わせお待ちして居ります。

                      Profile

                      categories

                      Archives

                      Latest entries

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      sponsor